<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今日のお昼御飯

会社のまわりは、国道2号線沿いにラーメン屋さんがたくさんあって、一時「芦屋ラーメン街道」と、雑誌に紹介された事がありました。
今週の初めに、「この辺で一番おいしいというラーメン屋さんを紹介してあげる。」と、友人が連れて行ってくれました。
今日は会社の若い子を連れて行ってきました。
f0205367_14262090.jpg

芦屋から神戸市に少しはいった、深江浜という埋立地の中にあります。豚骨スープの細麺で、少し食べてからピリ辛の高菜漬や紅ショウガを入れて味の変化を楽しみ、麺を食べてしまうと替え麺を追加してスープを最後まで楽しんで下さいと書いてありました。
f0205367_14314963.jpg

この辺りは倉庫街で、車でないと行けません。開店以来1年半と聞きましたが、口コミで流行り出したお店です。たしかに美味しいです。


◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-01-30 14:53 | 美味しいもの、お酒 | Comments(0)

車事情

昨年の1月27日に交通事故を起こしました。行政処分の1年間の期間がすぎ、昨日から違反切符の持ち点が6点にもどりました。
事故の内容は、事務所の前の国道2号線で、バイクの巻き込み。
私としては、後ろからバイクに追突されたという思いしかなく、怪我をされたのですぐに救急車を呼びました。幸い意識ははっきりとしておられたのでまずは安心しました。
f0205367_18443692.jpg

ガソリンが漏れていたので、消防車も来て大変でした。
f0205367_18555138.jpg

私の車は、左のドア、フェンダー、バンパーと擦り傷が付いています。
f0205367_19152020.jpg

警察に調書をとりに行くと、後方不注意と、安全運転義務違反で全面的に私が悪いと言われました。
私は、バックミラーで後方をチラッと見る程度、しかしバイクの運転手さんは100%前方を見て、指示器を出して、左折間際の徐行をしている車に、ぶつかってきたのだと、何度主張しても取り入れてもらえず、1か月の免許停止処分がきました。
通院治療費は、すべて保険会社さんにお願いして、怪我は完治されたときいておりますが、どうも納得のいかない事故でした。
運転は気をつけましょう。


◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-01-29 19:44 | 憤る事、あきれる事 | Comments(0)

勉強会

毎週木曜日は、会社の全体会議。
工程打ち合わせのあとで、テーマを決めて勉強会をします。
f0205367_1832322.jpg

今日のテーマは「長期優良住宅」について。
昨年末に竣工した、T邸は、構造体力的な部分、防腐・防蟻対策の部分では十分に基準をクリアー出来そうです。
T邸の設計をしていた昨年の春ころまでは、「長期優良住宅」、、、そこまでしなくてもいいやろうという風潮でした.
神戸っ子特有の「そんな新しいもん追いかけてどうするねん。」という保守的な考え方もじゃまして、取り扱わなかったのですが、この1年で工務店を取り巻く環境が大きく変化しました。社員みんなで勉強です。

◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-01-28 18:38 | 家守り | Comments(0)

オレンジ色の表紙の本

日本中で一番気になっている人は、やはり小沢一郎さんです。
本屋さんに並んでいる中から、1冊買ってきました。
f0205367_0112759.jpg

佐高信と言う評論家の書いた本で、オレンジ色で、表紙から感じることは、この本を読めば小沢さんのことは少しはわかると思って読みだしたのですが、280ページほどの本のうち、小沢さんのことを書いてあるのは40ページほど、あとはサンデー毎日とかほかの雑誌の書きうつしがならんでいて、まったく小沢さんとは関係なくてがっかりです。もう少し立ち読みをしてから本を買うことにいたしましょう。
それにしても、検察はいま一番日本で大事な人を調べだしました。4年前のことだったら、4年前にただの代議士のときに調べておけばいいのにと思います。検察官は公務員だから、景気わるくても給料もボーナスも関係なくもらえるので、おかまいなしなのですね。
今夜は少し、プンプンプンでした。


◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-01-27 00:36 | ひとりごと | Comments(0)

シクラメン

会社の前の「日の丸花壇」、真ん中のポインセチアの元気がなくなりました。
f0205367_2114489.jpg

花鏡園さんに相談すると、先日の寒波で痛んでしまったそうです。可哀想ですが植え替えることにしました。
f0205367_21204792.jpg

冬の花、シクラメン。「真綿色したシクラメンほど、清しいものはない。」と、布施明の歌がありました。
「出会いのときの、君のようです。」、、、どんな人でしょうね。(笑)
歌われているのはきっと、真っ白で、清楚なイメージのシクラメンと思いますが、花壇にはとにかく寒さに強い、少し小ぶりの朱色のガーデンシクラメンを植えることにしました。
f0205367_21295686.jpg

しばらくは、この日の丸でいきます。
◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html

by haruki-fujino | 2010-01-24 21:41 | 趣味 | Comments(0)

三寒四温

今日の芦屋川です。
f0205367_16553618.jpg

まだまだ寒い日が続きますが、さすがに六甲山の南斜面ですので、今日は風もなく少し暖かかったです。
f0205367_17531100.jpg

少し下流では、鳥たちが餌を探しています。何を食べてるのでしょうか?足冷たくないの?とか思いながら、
そろーっと近づいて精一杯ズームにして撮りました。

◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-01-23 17:16 | プロムナード | Comments(0)

ポポンタですが、なにか

ポポンタという柴犬がいます。
f0205367_1930486.jpg

4才のオス犬で、何にでも興味があって近所の人気者です。
f0205367_19314825.jpg

人見知りはあまりしませんので遊んでやって下さい。

◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-01-22 19:35 | プロムナード | Comments(0)
新大阪の現場で、お昼御飯を食べに行きました。
ダイエットを考えて、「チキンカツお願いします。」と、
f0205367_8411799.jpg

ついこの前まで??、「やったー、ごはんおかわり!!。」
満腹感が追い付けないように、スタートダッシュで食べ始めたものですが、3分の1ほど残してしまいました。
辛子もきいて、ポン酢に大根おろし、あっさりと食べられるように気配りもしてあり、おいしかったのです。
「ごめんなさい、残してしましました。」と言うと、
「いえいえ、うちの(カツ)は大きいから。」と、奥さんがにっこり。
また行きたいお店です。今度は若い職人さん連れて、、、。

◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-01-20 09:09 | 美味しいもの、お酒 | Comments(0)

おじいちゃんの鉋

昨日、震災15年目のお礼も兼ねて、加古川の父の実家に行ってきました。
両親の遺体を、トラックで運んで、ご先祖の仏壇の前で本当に温かいお葬式を用意してもらいました。
f0205367_10342928.jpg

納屋の物置の中から、祖父が使っていた鉋が出てきました。台も割れてもう使うことはできません。
f0205367_10384920.jpg

刃物は、菊の花の彫り物がしてあり、玉鋼製とあります。おそらく三木の金物屋さんで求めたものでしょう。
もはや、刃物の持つ凄みは感じられませんが、優しかった祖父の顔が浮かびます。

◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-01-19 10:57 | 大切な物 | Comments(0)

震災の日 (2)

16日土曜日の夜、テレビで「神戸新聞の7日間・・・・・。」という番組がありました。
震災当日、瓦礫の街の惨劇を目の当たりにして、カメラを向けてシャッターを押せなかった。その真実のカメラマンの姿を、桜井翔君が演じておられました。
f0205367_18374974.jpg

この写真は、95年2月25日に発行された「AERA・臨時増刊号」に掲載された写真です。真ん中で、亡くなった母親の腰の部分を支えているのが私です。朝の9時ころ、瓦礫の中から母親を掘り出してきたところの写真で、寒いのに、セーターも着ずに本当に悲壮な顔をして写っています。カメラマンの荒井さんも、大変な思いをしながらシャッターを押されたそうです。
17日の朝ちょうど西法寺で居合わせた神戸新聞の記者さんと、ドラマの中の桜井君の話をしながら、やはりあの場面でも仕事として、シャッターは押すべきだと思いますとお話ししました。
◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-01-18 19:12 | 西法寺 | Comments(0)

日記です


by haruki-fujino