善意の置き傘

芦屋には、阪急 1駅、JR1駅、阪神 2駅と4つの駅があります。
善意の置き傘_f0205367_17181522.jpg

各駅には、善意の置き傘が置いてあって、突然降り出した雨の時に自由に利用していただいております。
これは、芦屋ライオンズクラブが20年以上前から続けている事業です。

昔は傘の値段が今よりずいぶん高かったですので、回収を考えて返却を促す言葉をプリントしたり、色を黄色にしたり、いろいろと試行錯誤をくりかえしてきました。
善意の置き傘_f0205367_1736194.jpg

最近使っているこの傘は、ワンタッチで少し小ぶり、色も上品と好評のようです。
外国製ですので、かなり安くなっています。
突然の雨のときにはすぐになくなってしまうのですが、それでも年間に1000本ほど補充をしています。
善意の置き傘_f0205367_1758353.jpg

最近では、安価なビニール傘がどこにでも売っているので、置き傘必要論についてかなり議論を重ねてきました。結果継続をすることになって、それではという事で、傘ボックスの修理をすることになりました。
工務店の出番ですね。
まずは阪神打出駅のボックスからです。
善意の置き傘_f0205367_1892761.jpg

ここは、地下の連絡通路になっていて、人通りの少ないところです。ペンキがはげて錆びが目立ちますが箱自体はびくともしていません。
それもそのはず、重さが70キロはある鉄のかたまりです。
3人がかりで運び出しました。
善意の置き傘_f0205367_18195554.jpg

しばらくはこの市販の傘立てで代用します。


◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-04-28 18:29 | 大切な物