人身事故のJR

人気ブログランキングへ
一日一度クリックをしていただくと、励みになります。
f0205367_21423783.jpg

午後、電車に乗って大坂に行ってました。芦屋から乗った新快速、人身事故で12分遅れで新大阪まで着きました。
現場は梅雨明けとともに、タイル貼り工事は終了して目地のコーキングと塗装の補修、洗い工事を残すのみ、やっと足場をはずす目処が見えてきました。ビル名を表わす看板も取り付けました。
f0205367_21555523.jpg

現場の打ち合わせが終わってから、本町のホールで行われた三井不動産主催のフォーラムに参加しました。
講師の先生は、読売新聞特別論説委員の、橋本五郎氏。
テーマは、「どうなる日本の政治と経済」
どんなに立派な経済学者でも言い当てるのはむずかしいテーマです。
英国、イートン校のお話で、「ノブレス オブリージ」(高貴な人には、重い義務がある。)という言葉を例にとって、貴族とか、王族は、先頭に立って戦場に出かけていくという話から、日本の政治家は票集めとかお金集めは熱心だが、自分から泥をかぶることはしない。一番大事な時に、八丈島に魚釣りに行く人もいます。
「心とか、気持ち」を重きに置いた良いお話でしたが、結局「どうなる」というお話は聞けませんでした。
f0205367_2221558.jpg

終わってから、久しぶりにイチョウ並木の御堂筋を本町から大阪駅まで歩きました。
日も暮れかかっていたので、最初は風が気持ちよかったのですが大阪駅に着くころには汗びっしょりでした。
f0205367_22294869.jpg

大阪駅始発の新快速が来たので、座っていると、「島本町あたり(大坂府と京都府の境目あたり)で線路内に入った人があり、、、電車が遅れています。」と、アナウンス。
そうこうしているうちに、遅れていた新快速が隣のホームに入ってきて、追い越していく始末。結局電車の椅子に座ってから、30分近く経ってやっと発車しました。(まあ、せっかく座れた椅子から離れたくなかった気持ちもありましたが、、、。)
f0205367_22384187.jpg

芦屋駅の案内盤では、10分遅れの表示ですが、カメラの撮影時刻表示は17分遅れの18時52分です。
うそはいかんですね。
f0205367_22473490.jpg

改札口にあがると、私と同じ年くらいの男性が、
「どうなってるんだ!!JRは、約束の時間に間に合わないのをどうしてくれるんだ!!。この頃毎日遅れているじゃないか!!あやまれ!!。」と、駅員さんにむかって、毅然とした態度で大声で怒鳴っておられます。
芦屋ではあまり見かけない光景ですが、まわりの人は同感の目線で注目して通り過ぎていきます。 最近のJRは本当にどうなっているのでしょうか。
民営化する前の国鉄では、時刻どおりに電車が来るのがあたりまえで、遅れるなんてことは考えられませんでした。
コンピュータと、制御装置に責任を転嫁させるという気持ちの表れで、誰も泥をかぶりたくないのでしょうね。

◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-07-21 21:38 | プロムナード