サンテレビの取材がありました。

人気ブログランキングへ
一日一度クリックをしていただくと、励みになります。

サンテレビの取材がありました。_f0205367_16384138.jpg

先日、西法寺でサンテレビの取材がありました。

9月14日(火)17:30~18:00 放送予定です。

震災・防災の特集番組で、
1995年1月17日午前5時46分
あの阪神大震災が発生しました。
私たちは被災者として、震災を追い続けます。

刻まれた震災・芦屋
シリーズ「刻まれた震災」。今回は芦屋を訪ねる。
大半の店舗兼住宅が倒壊した三八通り商店街に被災者の拠り所となった西法寺。
震災のあと、区画整理や改築工事が進み、当時の面影は無くなってしまった。
復興の過程で建立されたモニュメントだけが震災の記憶を語り継いでいる。

サンテレビの取材がありました。_f0205367_1723612.jpg

有名になったドラム缶の鐘です。

どうしてドラム缶の鐘が生まれたとお思いでしょうか?
震災後6年目、周囲の街の状況も落ち着きを取り戻し、地震の痕跡も街ではあまり見かけなくなったころ西法寺は建立しました。
竣工前の打ち合わせで、亡くなった前住職さんが鐘楼に「ドラム缶を吊ろう。」と言われました。
ドラム缶は、震災当時、私の会社では薪を燃やして暖をとったり、西法寺では水を運んだりお湯を沸かしてお風呂のサービスをしたりして、利用されていました。
平時の今では、あまりなじみのないドラム缶ですが、当時は本当にお世話になったものの一つ。
「本当にドラム缶の鐘で良いんですか?」と半信半疑でしたが、、、それでも、バランスを考えて作らせていただきました。
音も、ゴワーンとしか鳴らず、本当に質素な鐘です。

サンテレビの取材がありました。_f0205367_17522991.jpg

亡くなった前住職さんの思いが、震災のモニュメントとしてドラム缶の鐘を一人歩きさせているように思います。
さて、そんな番組になっているでしょうか。明日火曜日、5時半からサンテレビを見てくださいね。

◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
by haruki-fujino | 2010-09-13 18:09 | 西法寺