カテゴリ:家守り( 49 )

スズメバチ

長い間空き家になっている借家があります。
今年の夏にスズメバチが巣を作りました。
スズメバチ_f0205367_1781366.jpg

12月に入って、活動期が過ぎましたので、駆除をすることになりました。
スズメバチ_f0205367_17161755.jpg

防護服を着用して、殺虫剤を巣の中に吹き込んで様子をみます。
多分、巣から出てもういないであろう、との事ですが、業者さんも慎重です。

スズメバチ_f0205367_17251242.jpg

無事駆除が出来ました。
by haruki-fujino | 2009-12-11 18:41 | 家守り

資格を取りました。

火災保険の資格を取りました。
資格を取りました。_f0205367_16473623.jpg

家守りの一助になればと思い、しっかりと勉強したつもりですが、なにぶん忘れるのも早いみたいで、、、、。
まずは良かったです。
亡くなったおやじが、「持っていても重たくないし、誰も奪いに来ないから資格は取るように。」
と、言っていたのを思い出しました。
保険屋さんをやっています。(笑)
by haruki-fujino | 2009-12-08 17:02 | 家守り
3階建てマンションの補修工事を行っています。
鉄筋コンクリート造の建物の補修・2_f0205367_16165772.jpg

膨れていたコンクリートを取り除くと、かなり鉄筋が錆びています。
鉄筋コンクリート造の建物の補修・2_f0205367_16123899.jpg

さび止め処理をしてから、樹脂系のモルタルで保護をします。
鉄筋コンクリート造の建物の補修・2_f0205367_16211672.jpg

一度では付かないので、下塗りをします。
鉄筋コンクリート造の建物の補修・2_f0205367_16382431.jpg

鉄筋コンクリート造の建物の補修・2_f0205367_1641930.jpg

樹脂モルタルで鉄筋の保護が完成しました。
壁には防水性の塗装をし、床と屋根の部分には防水をして、コンクリートが直接水と空気に触れにくくします。
コンクリートの中性化を防ぐことが建物の寿命を延ばすことになります。
by haruki-fujino | 2009-10-24 16:48 | 家守り

漏電

台風の朝、お得意様からの電気がつかないと電話がありました。
地域的に停電しているわけではないので、漏電ブレーカーが作動して停電したのだろうと、思い電話でお話しながら復旧を試みました。
漏電_f0205367_16554923.jpg

一般的な家庭用の配電盤で、左にある大きなブレーカーが、漏電ブレーカーです。家の中の電気回路が漏電すると、この漏電ブレーカーが落ちます(OFFになります)。昔、ヒューズを使っていたころは、感電事故があったり、火災につながったりしましたが、今はこの漏電ブレーカーのおかげでそういう事故もかなり少なくなりました。
漏電_f0205367_175216.jpg

方法としては、そのままこの漏電ブレーカーをON(スィッチを上に上げる)にしても漏電したままではスィッチは上がらず、復旧しません。

漏電_f0205367_17105175.jpg

まずは右側とか下にある、各回路の小さなブレーカーをすべてOFF(下に下げる)にしてから漏電ブレーカーをON、上に上げます。
上がらない場合は、一度下に押し下げてから上に上げると上がります。
下に下げるとき、かなり力がいるブレーカーの機種もあります。
漏電_f0205367_17301088.jpg

次に、小さなブレーカーを一つずつ上げていくのですが、漏電している回路を上げた時点で再び漏電ブレーカーが作動して、停電状態になります。
その回路が不良個所になりますので、あわてずにその回路だけあきらめて、同じ手順を繰り返すと復旧します。
「うわっ、電気ついたわ!!」と、電話の向こうの様子が目に見えるようでした。
今回の不良個所は、外部防水コンセントにつながっていた器具の漏電のようです。
by haruki-fujino | 2009-10-12 17:59 | 家守り
筑後35年を経過した鉄筋コンクリート造の建物です。
鉄筋コンクリート造の建物の補修_f0205367_10403184.jpg

阪神大震災で被害を受けた建物ですので、当時外壁塗装と防水工事がなされていました。
鉄筋コンクリート造の建物の補修_f0205367_10483920.jpg

鉄筋コンクリート造の建物の補修_f0205367_1050529.jpg

震災後10年を経たころから、外壁にひび割れが目立つようになり、この1年で剥離箇所も確認できるようになったため、重い腰をあげて補修工事に取り掛からせていただくことになりました。

鉄筋コンクリートは、引っぱり力(ちぎれないための力)を鉄筋が、圧縮力(へしゃげない力)をコンクリートが受け持ち、鉄とコンクリートの付着力は大変強いし、熱膨張率もほぼ同じと、大変安定した素晴らしい建材です。中に配筋してある鉄筋は、アルカリ性のコンクリートに守られ錆びることはないのですが、空気中の二酸化炭素や、酸性雨によりコンクリートが中性化してくると、鉄筋の錆びが始まります。この現象が、鉄筋コンクリート造の建物の寿命が、30年とか50年とか言われる根拠になっているわけですが、屋上防水工事と、外壁を防水性塗料包み、コンクリートの中性化を遅らせることによって建物の寿命を延ばすことが出来ます。
by haruki-fujino | 2009-10-03 11:25 | 家守り

深夜の電気工事

土曜日の深夜、高圧受電設備の改修工事をしました。
深夜の電気工事_f0205367_16203993.jpg

キュービクルと言う高圧受電機器です。
6600ボルトの高圧電気を、内部の変圧器で200ボルトの動力電源と、100ボルトの電灯の電源に落として供給します。



深夜の電気工事_f0205367_98044.jpg

今回は、動力の電源の容量が足らなくなったため、並列で動力電源をまかなっていた30kvaの変圧器を、単独で動力電源をまかなう75kvaの変圧器に取り換える作業です。
これが、30kvaの変圧器。重さは130キロあります。
油入りの変圧器です。この油にはカネミ油症で有名になった劇薬のPCBが含まれていますので、産業廃棄物として慎重に処理する必要があります。



深夜の電気工事_f0205367_17203284.jpg

これが、75kvaの油入変圧器。重さが325キロ、油量が81L入っています。



深夜の電気工事_f0205367_1644837.jpg

重量物の運搬には、チェーンブロックがかかせません。
ガラガラ,ガラガラとゆーっくりゆっくりと持ち上がります。



深夜の電気工事_f0205367_17324879.jpg

夜の10時、美容院や他のテナントさんの営業終了後、
関西電力さんに来ていただいて、電柱の上の開閉器を閉じて建物の受電を停止し、いよいよ作業開始です。



深夜の電気工事_f0205367_17512591.jpg

キュービクル内には蓄電している部分があるため、停電後10分間は自然放電をする必要があります。
「急いては事を仕損じる」ということわざもありますが、死亡事故につながりかねません。

深夜の電気工事_f0205367_1943116.jpg


深夜の電気工事_f0205367_17583028.jpg

無事、東芝製75kvaのトップランナー油入変圧器の据え付けが終了しました。



深夜の電気工事_f0205367_1855363.jpg

関西電気保安協会さんの立会いのもと、深夜3時に無事送電を再開することが出来ました。
本日エレベータや、電子機器の誤作動もなく正常に機能している事を確認しました。

私は、午前3時まで仕事をしていることはまずなくなりましたが、電力会社、ガス、水道、他にもインフラに関して、24時間体制で維持管理がなされていることを実感しました。仕事とはいえご苦労様です。
by haruki-fujino | 2009-08-10 19:09 | 家守り

外壁塗装工事2

久しぶりに足場に上りました。
煙と、なんとかは高いとこ上るといいますが、高いとこ好きです。
最近、バナナダイエットをしているので、あまり苦になりません。

外壁調査の状況です。

外壁塗装工事2_f0205367_10342451.jpg

浮き部、クラック(ひび割れ)、欠損部に分けて、マーキングをしていきます。
樹脂注入等でなおしますが、この下地補修工事を念入りにする事が、
鉄筋コンクリート造の建物の維持管理には特に重要です。

外壁塗装工事2_f0205367_10483021.jpg

足場をかけたついでに、樋の不良か所もなおします。
by haruki-fujino | 2009-08-07 10:58 | 家守り

外壁塗装工事

ご近所の、国道2号線沿いに鉄筋コンクリート造4階建てのビルがあります。

外壁塗装工事_f0205367_18141874.jpg

築後40年近く経過したビルで、震災を経験した建物です。
昨日より外壁の塗装工事を始めました。
足場がほぼ完了で、明日シートを張り、歩道側に落下防止棚を取りつけます。
国土交通省近畿地方整備局神戸維持出張所に道路占用許可申請を出しました。

外壁塗装工事_f0205367_18424527.jpg

よくよく見るとこの建物、国道側に越境しています。
震災当時、大変な被害のあったこの地域ですが、
この建物も2号線側に傾き、ジャッキアップの後30センチ国道側に移動しました。
言わば、震災の残した不思議のうちの一つです。

外壁塗装工事_f0205367_18574276.jpg

建物の前には、阪神バスの停留所がありますので、特に注意をして工事を進めます。
by haruki-fujino | 2009-08-04 19:06 | 家守り

家守りの書

本日、待望の「家守り」の書をいただいてきました。
家守りの書_f0205367_19531676.jpg

こんな家の形をした「家」の字は、見たことないです。
バランスもよく、安定感のある、絵のような書です。

家守りの書_f0205367_2091530.jpg
この「家守り」は、
亡父の守が、地面に根を生やして家業を守ってくれています。
という書です。
どちらの書も、私のお話しをした思いをそのままに書にしていただきました。

さっそく事務所に飾りました。


野原神川先生ありがとうございます。
by haruki-fujino | 2009-08-03 20:34 | 家守り