3階建てマンションの補修工事を行っています。
鉄筋コンクリート造の建物の補修・2_f0205367_16165772.jpg

膨れていたコンクリートを取り除くと、かなり鉄筋が錆びています。
鉄筋コンクリート造の建物の補修・2_f0205367_16123899.jpg

さび止め処理をしてから、樹脂系のモルタルで保護をします。
鉄筋コンクリート造の建物の補修・2_f0205367_16211672.jpg

一度では付かないので、下塗りをします。
鉄筋コンクリート造の建物の補修・2_f0205367_16382431.jpg

鉄筋コンクリート造の建物の補修・2_f0205367_1641930.jpg

樹脂モルタルで鉄筋の保護が完成しました。
壁には防水性の塗装をし、床と屋根の部分には防水をして、コンクリートが直接水と空気に触れにくくします。
コンクリートの中性化を防ぐことが建物の寿命を延ばすことになります。
# by haruki-fujino | 2009-10-24 16:48 | 家守り

秋季例祭

三条八幡神社の秋季例祭が行われました。
秋季例祭_f0205367_198331.jpg

先日のだんじり祭りの終演として行われる神事です。
芦屋市三条町は未だに農村の集落の街並みを残した場所です。
農村では、収穫をお祝いするお祭りとして、この時期に秋祭をしていた名残です。
秋季例祭_f0205367_19174988.jpg

玉串を奉奠して、八百万の神に感謝をいたします。
神事が終わってから、宮司さんは必ず皇室の話題に触れられます。
皇室は、やはり八百万の神のご子孫なのかもしれません、、、、。
秋季例祭_f0205367_1925790.jpg

震災で、建てなおさせていただいた手水舎も神社のなかにすっかり溶け込んできました。
秋季例祭_f0205367_19285813.jpg

紅白饅頭を二つもいただいて帰ってきました。
# by haruki-fujino | 2009-10-15 19:31 | 四季折々

漏電

台風の朝、お得意様からの電気がつかないと電話がありました。
地域的に停電しているわけではないので、漏電ブレーカーが作動して停電したのだろうと、思い電話でお話しながら復旧を試みました。
漏電_f0205367_16554923.jpg

一般的な家庭用の配電盤で、左にある大きなブレーカーが、漏電ブレーカーです。家の中の電気回路が漏電すると、この漏電ブレーカーが落ちます(OFFになります)。昔、ヒューズを使っていたころは、感電事故があったり、火災につながったりしましたが、今はこの漏電ブレーカーのおかげでそういう事故もかなり少なくなりました。
漏電_f0205367_175216.jpg

方法としては、そのままこの漏電ブレーカーをON(スィッチを上に上げる)にしても漏電したままではスィッチは上がらず、復旧しません。

漏電_f0205367_17105175.jpg

まずは右側とか下にある、各回路の小さなブレーカーをすべてOFF(下に下げる)にしてから漏電ブレーカーをON、上に上げます。
上がらない場合は、一度下に押し下げてから上に上げると上がります。
下に下げるとき、かなり力がいるブレーカーの機種もあります。
漏電_f0205367_17301088.jpg

次に、小さなブレーカーを一つずつ上げていくのですが、漏電している回路を上げた時点で再び漏電ブレーカーが作動して、停電状態になります。
その回路が不良個所になりますので、あわてずにその回路だけあきらめて、同じ手順を繰り返すと復旧します。
「うわっ、電気ついたわ!!」と、電話の向こうの様子が目に見えるようでした。
今回の不良個所は、外部防水コンセントにつながっていた器具の漏電のようです。
# by haruki-fujino | 2009-10-12 17:59 | 家守り

台風一過

台風18号は日本列島を駆け抜けていきました。
台風一過_f0205367_14504238.jpg

外壁補修中のマンションですが、台風養生で、シートをめくっています。

台風一過_f0205367_1454487.jpg

板塀の板が外れています。こんな塀、頼まれることはもうありません。
だましだましなおしましょう。アルミフェンスにするわけにもいかんし、、、。

台風一過_f0205367_14585019.jpg

カーポートの波板が飛びました。
風害の保険でなおるようです。

台風一過_f0205367_151563.jpg

ワンルームマンションのベランダの避難経路用の隔壁です。
長年使用のため、劣化していたようです。

台風一過_f0205367_1547464.jpg

新大阪にある病院です。
2年以上足場が掛っています。中堅ゼネコンが施工した建物ですが、タイルが剥離して調停中です。
補修工事は当社でさせていただく事になっていますが、調停の話し合いがつきません。頭の痛い現場です。
早々にシートを復旧しています。
こういう突発的な仕事は、わたくしに回ってきますので、大忙しです。
# by haruki-fujino | 2009-10-09 16:22 | 四季折々
筑後35年を経過した鉄筋コンクリート造の建物です。
鉄筋コンクリート造の建物の補修_f0205367_10403184.jpg

阪神大震災で被害を受けた建物ですので、当時外壁塗装と防水工事がなされていました。
鉄筋コンクリート造の建物の補修_f0205367_10483920.jpg

鉄筋コンクリート造の建物の補修_f0205367_1050529.jpg

震災後10年を経たころから、外壁にひび割れが目立つようになり、この1年で剥離箇所も確認できるようになったため、重い腰をあげて補修工事に取り掛からせていただくことになりました。

鉄筋コンクリートは、引っぱり力(ちぎれないための力)を鉄筋が、圧縮力(へしゃげない力)をコンクリートが受け持ち、鉄とコンクリートの付着力は大変強いし、熱膨張率もほぼ同じと、大変安定した素晴らしい建材です。中に配筋してある鉄筋は、アルカリ性のコンクリートに守られ錆びることはないのですが、空気中の二酸化炭素や、酸性雨によりコンクリートが中性化してくると、鉄筋の錆びが始まります。この現象が、鉄筋コンクリート造の建物の寿命が、30年とか50年とか言われる根拠になっているわけですが、屋上防水工事と、外壁を防水性塗料包み、コンクリートの中性化を遅らせることによって建物の寿命を延ばすことが出来ます。
# by haruki-fujino | 2009-10-03 11:25 | 家守り

筋交い

T邸は、検査機関、瑕疵担保保証とも中間検査の合格しました。
木造住宅の構造は、柱と梁の組み合わせですので、マッチ箱のようにつぶれないために筋交いをバランスよく配置する必要があります。
筋交い_f0205367_1833153.jpg

特に、建物の隅部分は重要です。隅の柱は、2階まで伸びている通し柱のことが多いので、「特に通し柱の横には窓を空けるな」と、若いころ、うちの棟梁に言われたことは忘れません。震災前は柱の外に構造用の合板をはらずに、外壁を仕上げましたが、筋交いをバランスよく入れた木造の家は一軒も倒壊しませんでした。
筋交い_f0205367_18404643.jpg

この家は、外壁通気工法を採用しているため、外壁が出来上がるまで少し時間がかかります。
筋交い_f0205367_18433212.jpg

設備屋さんが優れモノの水平器を持っていました。建物内での排水管の勾配がわかりやすそうです。
# by haruki-fujino | 2009-09-29 19:01 | 藤野工務店

沢の井

阪神御影駅の近く、ガード下に「沢の井」という泉があります。
沢の井_f0205367_17194966.jpg


沢の井_f0205367_16524490.jpg

小学生のころ、御影市場の中に乾物屋さんに友達がいて、遊びに行くとこの泉に連れて行ってくれたのを思い出しました。
思えば、半世紀も前のことになりますので、こんなにカラフルではなく、裸電球がいっぱいぶら下がった、活気のある市場でした。
沢の井_f0205367_17251828.jpg

でも、少し裏に回ると薄暗くて、半分肝試しで連れていったくれた泉がこの「沢の井」でした。

沢の井_f0205367_16404580.jpg

御影の名の起源になった泉と記されています。
# by haruki-fujino | 2009-09-28 17:30 | プロムナード

京都に行ってきました。

京都市美術館   ルーブル美術館展をやっています。
京都に行ってきました。_f0205367_15564451.jpg

中に入ると、ハンドマイクのお姉さんが、「入場の方は右へ。」と入り口とは反対側を指さしていました。
京都に行ってきました。_f0205367_1604085.jpg

最後尾に並ぶと、待ち時間75分になっています。
それでも、人の列は5歩歩いては止まり、10歩歩いては止まりで徐々に前へ進んでいきます。
こんなに並んだのは、子どもとディズニーランドに行った時以来です。
京都に行ってきました。_f0205367_1693388.jpg

気温もちょうどいいし、なんとかたどりつきました。
この中は撮影禁止です。
音声ガイドの機械を借りて、中尾彬さんのあの渋い声を聞きながら順路にそって見て回りました。
感想はと言うと、並んだ甲斐がありました。すばらしい作品ばかりでした。
外へ出ると、もう2時近くで前のうどん屋さんにはいりました。
京都に行ってきました。_f0205367_16162667.jpg

やっぱり京都はニシンそばです。
お腹ペコペコ、喉もカラカラでビールはアサヒでした。

外へ出てから、平安神宮へ
京都に行ってきました。_f0205367_16192118.jpg

平安遷都1100年を記念して、明治28年に桓武天皇をご祭神として、創建されたそうです。

神域の周囲には、神苑と言う日本庭園があります。広さは一万坪もあり四季折々の風情が楽しめます。
初秋ということで観光客も少なくて、ゆったりと歩きました。
京都に行ってきました。_f0205367_16305193.jpg

京都に行ってきました。_f0205367_16312546.jpg

栖鳳池です。大きな鯉が、泥を吸い込んで餌を探していました。
「鯉の洗い」が、泥臭いのがよくわかります、、、この鯉は食用ではありませんよ。
京都に行ってきました。_f0205367_17521970.jpg

泰平閣、通称・橋殿と言われ、栖鳳池にかかった橋のような建物です。
京都に行ってきました。_f0205367_1864279.jpg

歩き疲れて、おうすをいただきました。
甘いものを食べると、疲れがスーっときえていきます。
京都に行ってきました。_f0205367_1824652.jpg

帰り道、歩道の植樹帯には彼岸花が咲いていました。
# by haruki-fujino | 2009-09-24 18:19 | プロムナード

樋のない街5

お昼は小樽に寄りました。
小樽と言えばやはりお寿司です。
樋のない街5_f0205367_16264181.jpg

ウニにイクラ、エビと中トロ、、、。ビールはやっぱりサッポロです。

チーズケーキで有名なルタオの本店、
樋のない街5_f0205367_16324610.jpg

2階でお茶したかったのですが、満員でした。
お土産にドーブルフロマージュを買いました。冷凍状態で送られてきます。
このあたりは、お菓子屋さん、ガラス工房、お土産屋さんが並び、人力車のお兄さんがいたりして独特の観光地です。

樋のない街5_f0205367_16383881.jpg

小樽運河です。みんなで記念写真を撮りました。

樋のない街5_f0205367_16411483.jpg

1泊2日でしたが、本当に中身の濃い旅行でした。
雪国独特の樋のない街を後にしました。
# by haruki-fujino | 2009-09-22 16:53 |

樋のない街4

一夜明けて、郊外にあるモエレ沼公園に行きました。
樋のない街4_f0205367_10172321.jpg

ゴミ処理場として、埋め立てた跡地に、
彫刻家のイサム・ノグチ氏が、「全体を一つの彫刻とみなした公園」として設計し、
2005年に出来上がった公園です。
樋のない街4_f0205367_115264.jpg

樋のない街4_f0205367_1154964.jpg


ガラスのピラミッド。
夏は、温室状態になりますが、冬に公園に積もった雪を断熱された雪貯蔵庫に蓄え、夏季の冷房に利用するという自然に優しい空調設備で、ちっとも暑くありません。今年は冷夏でしたので、まだ雪が残っているそうです。

樋のない街4_f0205367_10311438.jpg

189haという広大な広さの公園ですので、久しぶりに自転車を借りて見て回りました。
1時間足らずではとても見て回れません。
樋のない街4_f0205367_1112257.jpg

正に絵になるような公園でした。
# by haruki-fujino | 2009-09-21 11:32 |